ダイソーが大幅高、大阪府立大と共同で有機2次電池開発と報じられる

 ダイソー<4046.T>が大幅高で3日続伸。5月20日につけた317円の年初来高値を更新している。きょう付の日本経済新聞で、大阪府立大学と共同でポストリチウムイオン電池の有力候補とされる「有機2次電池」を開発したと報じられたことを材料視。記事によると、正極材料に有機化合物を使うとしており、リチウムイオン電池並みの性能を引き出すことに技術的なメドをつけたという。リチウムやコバルトといったレアメタルの使用量を大幅に減らすことができ、高性能な蓄電池を安く作れるようになることから、将来的な普及拡大への期待が高い。

ダイソーの株価は9時22分現在328円(△17円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)