日本テレホンが一時ストップ高、14年4月期業績予想の増額修正を好感

 日本テレホン<9425.T>は一時、ストップ高。9日の取引終了後、2014年4月期業績の増額修正を発表したことが好感されている。売上高は64億7500万円から69億100万円(前期比約12%増)に見直したほか、営業損益は5200万円の黒字から7300万円の黒字(前期は2400万円の赤字)、純利益は4900万円から7000万円(前期比2.5倍)に増額修正した。
 携帯販売はスマートフォンを中心とした新機種の導入などで堅調なほか、固定通信関連事業も伸びている。また、中古携帯電話機「エコたん」の販売などリユース事業も堅調に推移している。株価はこの日で9連騰。先月末から上昇基調を強めており、27日終値(347円)から約2.7倍に跳ね上がっている。

日本テレホンの株価は10時18分現在930円(△130円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)