HKSが上昇、10万株の立会外分売を実施で流動性向上期待

 エッチ・ケー・エス<7219.T>が上昇。同社は自動車用アフターパーツを手掛ける部品メーカーだが、エンジン部品が好調で14年8月期営業利益は前期比4割増となる4億2000万円が見込まれている。PER11倍近辺、PBRが0.3倍台と割安感も際立っているが、出来高流動性の乏しさが弱みとなっていた。そうしたなか9日に立会外分売を発表、分売株数10万株を17~20日の期間内に実施する予定で、これにともなう流通株式の流動性向上がプラスに評価されたかたちだ。

HKSの株価は10時56分現在645円(△25円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)