アスカネットが一時S高、第2四半期27.2%営業増益、エアリアルへの期待も高まる

 アスカネット<2438.T>が一時ストップ高。同社は9日、大引け後に第2四半期累計(5~10月)決算を発表。売上高22億1200万円(前年同期比5.5%増)、営業利益2億7700万円(同27.2%増)と増収増益を達成したことが好感されている。メモリアルデザインサービスでは遺影写真加工が堅調に推移。ペーパー、インク、額などの消耗品やハード機器も順調に拡大している。14年4月通期は48億8300万円(前期比7.7%増)、営業利益6億8600万円(同4.5%増)の当初予想から変更はない。空中結像技術を利用したエアリアルイメージング事業は、各方面から引き合いが来ているとしており、本格的量産技術の早期確立が期待されている。

アスカネットの株価は11時3分現在8660円(△1430円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)