ネクストウェアは三角もち合い煮詰まる、低位ソフト関連で動意含み

 ネクストウェア<4814.T>は前日終値近辺でのもみ合いだが、日足三角もち合いが煮詰まっており上放れの兆しにある。ここネット関連やソフト関連の低位株がミクシィ効果で相次いで人気化する動き。そのなかネットワークの運用やシステム開発を手掛ける同社株も市場筋の間でマークされているようだ。アベノミクスによる脱デフレのシナリオは企業マインドにも改善をもたらせている。ここ同社の主要ユーザーである大手電機メーカーの受注減に歯止めがかかっており、14年3月期の経常損益は6500万円の黒字化が見込まれている。

ネクストウェアの株価は12時37分現在202円(△▼0円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)