東日本ハウスは軟調、記念配3円実施も買いは限定的

 東日本ハウス<1873.T>は軟調。9日、2013年10月期末に3円の記念配当を実施すると発表した。11月にジャスダックから東証2部へ市場変更したことに伴い記念配当を行い、中間配当の5円と合わせ年間配当は従来予想から3円増の18円(前の期比8円増)とする。ただ、14年10月期の配当は15円と減配となる見込みのため、買いは限定的だった。
 なお、同日発表した13年10月期の連結業績は、売上高が前の期比3.2%増の563億9700万円、純利益は同7.8%増の46億3300万円だった。主力の住宅事業が堅調に推移した。14年10月期の業績は売上高が前期比7.3%増の605億円、純利益は同7.9%増の50億円が見込まれている。

東日本ハウスの株価は13時34分現在521円(▼10円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)