<チャートの視点>=日工、5・25日線のGCが目前に迫る

 日工<6306.T>は5日移動平均線(9日時点:504円)と25日移動平均線(同:509円)のゴールデン・クロス(GC)が目前に迫っている。11月1日に年初来高値571円をつけたあとは調整局面入りとなったが、11月20日安値472円を底に切り返し。その後は500円を挟んでの推移となっているが、GCをきっかけに上放れする可能性が出てきている。
 同社はアスファルトプラントやコンクリートプラント、環境および搬送関連事業を手掛けており、足もとで公共工事や民間建設の需要が拡大しつつある状況は追い風といえそう。なお、会社側では2014年3月期の連結業績見通しを、売上高305億円(前期比12.6%増)、経常利益18億円(同62.5%増)、最終利益9億5000万円(同7.8%増)を見込んでいる。

日工の株価は14時27分現在522円(△6円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)