SNSゲーム関連が軒並み高、ミクシィ急騰でLINE関連にも物色人気が波及

 ディー・エヌ・エ-<2432.T>がこの日はソフトバンク<9984.T>の売買代金を上回ったほか、グリー<3632.T>がストップ高するなどSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)関連の上昇が目立つ。SNSゲームは、スマホ向けゲームの台頭で業績が低迷していたが、最近はスマホ向けのダウンロード型コンテンツに軸足を移してきたことで、ヒット作も続出するようになっており、業績回復への期待が高まっている。これにミクシィの急騰が起爆剤となって株価を押し上げており、ボルテージ<3639.T>、KLab<3656.T>、クルーズ<2138.T>、ケイブ<3760.T>などの従来のSNSゲーム関連に加えて、子会社がスマホゲームを手掛けるユニデン<6815.T>などにも物色人気が波及。さらに、エイチーム<3662.T>の急騰がLINE関連株に火をつけ、アドウェイズ<2489.T>が全市場で売買代金トップになるなど人気が波及しており、手掛かり難の大型株を尻目に全般相場の下支え役となっている。

ディーエヌエーの株価は14時54分現在2419円(△303円)
グリーの株価は14時54分現在1139円(△150円)カイ気配

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)