ケア21の13年10月期業績は計画未達に、職員の処遇改善などが負担要因

 関西を地盤とする在宅介護会社、ケア21<2373.T>の2013年10月期連結業績は、計画値に対しては未達となった。売上高は164億円に対し158億4800万円(前の期比18.9%増)、営業利益は9億円に対し6億3600万円(同65.7%増)、純利益は3億円に対し2億5900万円(同24.4%増)だった。臨時賞与の支給など職員の処遇改善を図ったことなどの影響が出た。
 14年10月期は売上高が192億円(前期比21.1%増)、営業利益が102億円(同60.2%増)、純利益は41億円(57.8%増)と増収増益を予想している。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)