スズキが4日続伸、VWの保有株放出に備え自社株取得枠を再設定

 スズキ<7269.T>が4日続伸。10日取引終了後に自己株式を除く発行済株式総数の20%にあたる1億1221万株上限に自社株取得枠を設定すると発表したことを受け買い気が強まった。筆頭株主の独フォルクスワーゲン(VW)と資本提携を解消し、保有株の売却を求めて国際商業会議所国際仲裁裁判所で係争しており、VWが保有する自社株の放出に備えることが目的。取得期間はきょう11日から14年12月9日までの1年間で、東京証券取引所自己株式立会外買付取引(ToSTNeT-3)で買付けを委託する。前回設定した自社株取得期間が前日10日に終了したことから再設定した。

スズキの株価は9時42分現在2684円(▽59円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)