トミタ電機が急反落、第3四半期営業赤字継続を嫌気

 トミタ電機<6898.T>が急反落。10日引け後に発表した第3四半期累計(2~10月)連結決算で、売上高10億9300万円(前年同期比5.6%増)、営業損益4600万円の赤字(前年同期9500万円の赤字)、純利益3600万円(同4800万円の赤字)と営業赤字が継続したことを嫌気。フェライトコア販売が車載、産業機器向けを中心に国内外市場で順調に推移したことが寄与し売上高は増加したが、コストを吸収しきれなかった。
 なお、14年1月期通期業績予想は売上高15億8600万円(前期比11.5%増)、営業利益1900万円(前期3000万円の赤字)、純利益2200万円(前期比79.8%減)の従来予想を据え置いている。

トミタ電機の株価は11時20分現在151円(▼21円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)