オムロンが反発、SMBC日興が目標株価を引き上げ

 オムロン<6645.T>が反発。この日は、SMBC日興証券10日付で投資判断「1」を継続しつつ、目標株価を4200円から4800円に引き上げたことが観測されている。同証券によると、山田義仁社長が粗利率の改善を重要な経営目標として掲げていること、過去2年間の粗利率の改善実績などから判断して、15年3月期以降も年率0.7%前後の利益率の改善は可能と判断したという。また、国内設備投資の回復傾向が出ており増益基調が続く可能性があることや、原価改善の効果はコンセンサスに織り込まれていないとみられることなどから投資評価「1」を継続したとしている。

オムロンの株価は12時38分現在4210円(△5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)