トーホーは朝高の後マイナスに、特例子会社の認定取得前提に子会社設立も利益確定売り

 トーホー<8142.T>朝高の後、小幅ながらマイナスに転じた。10日取引終了後に特例子会社の認定取得を前提とした子会社「トーホーウイング」(神戸市)を設立したと発表したが、きのうまで3日続伸していたことから利益確定売りが優勢になった。新会社は障害者の雇用機会の拡大、職場環境を確保することを目的に、同社グループ事業所内の清掃業務や名刺作成、印刷、データ入力代行などのオンデマンド業務、郵便物の集荷・仕分、給湯などの庶務業務を行う。会社設立後、「障害者の雇用の促進などに関する法律」に基づく特例子会社の認定を申請する。新会社の資本金は3000万円で同社が全額出資、14年1月から営業を開始する。

トーホーの株価は12時36分現在371円(▼2円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)