<後場の注目銘柄>=パピレス、電子書籍拡大の恩恵享受

 パピレス<3641.T>の上値追いに期待したい。スマートフォンの急速な普及で電子書籍市場の拡大が加速するなかで、同社株もここから要注目の存在といえる。

 電子書籍や本の通販を加えたネット経由の書籍販売額は18年度には全体の3割に達する見込みで、電子書籍配信の草分けである同社の成長シナリオを代弁する。14年3月期は電子書籍配信がコミック中心に当初の会社側想定売り上げを上回る見通しで、営業利益6億1100万円予想は一段の増額も視野に入る。

 アニメーションなどを導入した新型電子コミックも順次投入して利用者を獲得、スマホやタブレットの世界的な普及に合わせ、さらなる業容拡大が期待できそうだ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)