桜島埠頭が底堅い、浪花建設運輸子会社化による輸送力安定化に期待

 桜島埠頭<9353.T>が底堅い動き。同社は10日、浪花建設運輸(大阪市大正区)を子会社化することを発表している。同社売上高の約5割を占めるばら貨物は、納入に使用するダンプ車を安定的に確保することが、一貫輸送体制を維持するうえで重要な要素の一つとなっている。
 浪花建設運輸は京阪神を中心に、ダンプ車などで、鉱石などの陸上貨物運送業を展開していることから、輸送力安定化に貢献していきそうだ。

桜島埠頭の株価は13時7分現在120円(△2円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)