ナイガイが反落、エフィッシモの保有割合減で需給思惑薄れる

 ナイガイ<8013.T>が反落。10日受付の大量保有報告で、エフィッシモ キャピタル マネージメント ピーティーイー エルティーディーの保有割合が4.23%に低下したことをネガティブ材料視。直近では特定資金の介入観測から12月2日高値170まで一気に駆け上がったが、需給思惑が薄れたとの見方が強まっているようだ。また、あす12日に第3四半期決算の発表が予定されているが、業績悪化を警戒しての処分売りもあるようだ。

ナイガイの株価は14時20分現在120円(▼8円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)