テクノスJが大幅続伸、1月24日株主に対する1対3株の株式分割を好感

 テクノスジャパン<3666.T>が続伸。11日引け後に1月24日時点の株主に対して1対3株の株式分割を実施すると発表したことを好感した買いが入っている。効力発生日は1月25日。投資単位当たりの金額を引き下げることで流動性を高め、投資家層のさらなる拡大を図ることが目的という。前日にはビッグデータ専門子会社のテクノス・データ・サイエンス・マーケティングが、エンタープライズ領域でのビッグデータ分析ソリューション提供を目的に米国トレジャーデータ社(カリフォルニア州)と協業することで合意したと発表しストップ高まで買われており、これを評価する買いも継続して入っているようだ。

テクノスJの株価は9時24分現在3395円(△265円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)