フリービットが急騰、5~10月期業績の大幅上方修正で

 フリービット<3843.T>に寄り付きから買いが集中、カイ気配で水準を切り上げ300円高超で寄り付いた。同社が11日発表した13年5~10月期決算を発表、前回9月12日時点の予想であった売上高100億円から103億9500万円(前年同期比0.3%減)、営業利益は3億7000万円から6億1500万円(同68.1%増)、最終損益は1億3000万円の赤字から5000万円の黒字(前期は1億5800万円の赤字)にそれぞれ上方修正となり、これが買いを呼び込んでいる。重点事業であるモバイル事業の利益率が向上、新規サービス拡大なども利益の伸びに寄与した。また、連結子会社の不正取引に関する調査費や過年度決算の修正に伴う訂正監査費用などを特別損失として計上したものの、これを吸収して最終損益も黒字化を果たしたことがサプライズとなった。

フリービットの株価は9時41分現在2096円(△200円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)