<前場の注目銘柄>=ユーシン精機、取出ロボット好調続く

 ユーシン精機<6482.T>に注目したい。5月高値更新から新たな波動を描きそうだ。

 上期決算と同時に、14年3月期業績予想を営業利益で18億円から22億4000万円(前期比50.0%増)へ上方修正した。高速・制振・省エネをコンセプトに開発した主力の射出成形品取出ロボットが販売台数を伸ばしている。国内はやや伸び悩んだが、自動車向けを中心に米国販売が好調なほか、韓国や中国では特に省エネ性能が評価されて、スマートフォン向けなどで新規顧客からの受注を伸ばしている。

 これに加え、各種自動化機器である特注機部門も回復色を強めており、修正計画にさらに上乗せされる見通し。株価はこれを評価不足だ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)