<話題の焦点>=年末年始の客足好調、初詣の旅行客増加へ

 今年も残すところ、20日ほどになった。既に全国の社寺では新年の初詣客を迎える準備が始まっている。しめ縄、縁起物や来年の干支の飾り付け、お札、おみくじ、さらに、イベントの準備など、あわただしい毎日が当分続くことになる。

 13年の初詣の人出ランキングは1位が明治神宮の約313万人、次いで成田山新勝寺の約300万人、川崎大師平間寺の約298万人、浅草寺約281万人、伏見稲荷大社約270万人がベスト5だった。ズラリ首都圏の有名社寺が上位に並んだ。

 ただ、今年は例年とやや傾向が違うようだ。観光地の宿泊施設を中心に予約や問い合わせが増えており、例年より早く旅館が満室になるなど、年末年始の客足が好調だという。日並びがよく最大で9日間の長い休暇が取れることに加えて、アベノミクス効果で景況感が大きく改善しているからだ。

 観光を兼ねて遠方の社寺へ初詣する旅行客が増えるとみられ、旅行会社やホテルや旅館など宿泊施設や沿線に有名な社寺のある鉄道会社などにはビジネスチャンスが広がっている。

◆初詣関連銘柄

H.I.S.<9603.T> 全国各地の参詣スポットへのバスツアーと温泉と組み合わせた初詣ツアーを企画
KNTCT<9726.T>  伊勢神宮式年遷宮、出雲大社へ「しまかぜ&トワイライトエクスプレス」で行く初参りツアーを企画
京都ホテル<9723.T>  日本最大の参詣スポット京都の名門ホテルでレストラン、カフェなども展開
富士急<9010.T>    冨士浅間神社初詣往復割引きっぷを元日から3日まで発売
近鉄<9041.T>     伊勢神宮初詣割引きっぷのほか、京阪奈初詣、橿原神宮初詣1dayチケットを扱う
京阪電鉄<9045.T>   京都と大津への初詣向けに1日乗り放題の1dayきっぷを扱う
JAL<9201.T>    元旦に「初日の出初富士フライト」を成田と羽田発着の2コースで実施

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)