神戸鋼が下げ渋る、加速冷却設備改造しエネルギー分野向けのオンリーワン製品拡販体制を整備

 神戸製鋼所<5406.T>が下げ渋っている。11日に加古川製鉄所(兵庫県)厚板工場の加速冷却設備を改造する設備投資を行うと発表した。14年7月に着工、15年3月完工の予定で、総投資額は約40億円。今回の設備改造で1月に稼動した新熱処理炉、14年4月稼動予定の溶銑予備処理設備と合わせ、エネルギー分野向けのオンリーワン製品の拡販体制が整う。今後、厚板全体のエネルギー分野向け比率を現状の約10%からの30%まで高め、造船・建材分野と並ぶ3本目の柱とする強固な事業体を目指す。

神戸鋼の株価は13時33分現在173円(△▼0円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)