<チャートの視点>=サンエー、75日線をサポートラインした上昇トレンドが継続

 サンエー<2659.T>は75日移動平均線(11日時点:2710円)をサポートラインとした上昇トレンドが続いている。10月17日に年初来高値3000円をつけたあとは利益確定売りなどに押されたが、11月1日には75日線にタッチ寸前の2632円で下げ止まり。その後は下値を切り上げながら三角もち合いを形成し、2800円近辺で煮詰まり感を強めている。5日移動平均線(同:2759円)と25日移動平均線(同:2808円)のゴールデン・クロス(GC)も視野に入り、上値トライの可能性が出てきている。
 同社は沖縄県内でスーパーを軸に、家電の小売店や外食店などを展開。ローソン<2651.T>と合弁でコンビニエンスストアも手掛けている。2014年2月期通期の連結業績見通しは、売上高が1540億3900万円(前期比3.4%増)、経常利益が104億3700万円(2.8%増)、最終利益が60億9800万円(同9.0%増)と増収増益予想。国内外からの観光客増加が期待されるなか、幅広く手掛ける同社のビジネスチャンスは広がりそうだ。

サンエーの株価は14時23分現在2787円(▼11円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)