リスクオン再開!?

またもやGPIFの噂
東京時間、ドル円はやや値を戻しながら大人しく推移しました。
しかしながら、日経平均が安値を更新する中、ドル円の下値は堅かったことから、昨日も書きましたように、短期的に相関性は薄れていると見て取れます。
103円を割れてから上値を押さえられている102.80-90円のポイントを抜けてくれば、再度今年の高値を狙った動きが期待できそうです。

このドル円の上昇で、日経平均先物も一気に値を戻し、現在は15,452円(19:00)
昨日の日経平均の終値と変わらない水準まで、値を戻してきました。
あくまで噂ですが、GPIFの買いが出ていたようです。
やはり、このネタが出るとドル円と日経平均は上昇しやすくなりますので、経済指標もありますが、今夜は堅いと見て良さそうです。