日本テレホンが急反発、移動体通信、リユースとも順調で10月中間期経常黒字転換

 日本テレホン<9425.T>が急反発。株価は一時、前日比85円高い774円まで買われている。12日の取引終了後に発表した第2四半期累計(5~10月)単独決算で、売上高32億3000万円(前年同期比14.5%増)、経常利益5700万円(前年同期2800万円の赤字)と黒字転換したことを好感。主力の移動体通信関連事業を始め固定通信関連事業やリユース事業の3事業分野で販売台数・契約数ともに順調に推移したことが、売上高・利益を牽引した。
 なお、14年4月期通期業績予想は売上高69億100万円(前期比11.8%増)、経常利益8000万円(前期700万円の赤字)の従来予想を据え置いている。

日本テレホンの株価は9時29分現在733円(△44円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)