<クローズアップ> キャラクタービジネス花盛り、KAWAIIが世界を制す(1)

 アニメやマンガなど、日本発のコンテンツを海外に売り込む「クールジャパン」戦略。株式市場でも関心が高いテーマだが、その中核をなすのがキャラクタービジネスだ。既にサンリオ<8136.T>の「ハローキティ」などは日本発の「KAWAII(カワイイ)」キャラクターとして海外での人気も高い。現在のキャラクタービジネスの状況と今後の注目点を探った。

 世はゆるキャラブームだ。11月23~24日に埼玉県羽生市で開催された「ゆるキャラさみっと」には47都道府県と海外6カ国から452のキャラクターが集まり、2日間の来場者は45万人に達した。ゆるキャラといえば、「ふなっしー」や「くまモン」などが有名だが、熊本県によると2012年の「くまモン」を利用した商品の年間売上高は293億円強に達したという。経済効果としてはまったく「ゆるくない」のが人気ゆるキャラをめぐる状況といえる。

 ただし、全体としては市場は緩やかに縮小している。矢野経済研究所の推計によると、2012年度のキャラクタービジネスの市場規模は小売金額ベースで11年度比2.3%減の2兆3075億円と7年連続で減少した。

 新たに大ヒットしたと呼べるキャラクターが少なく、玩具などに使用する商品化権が落ち込んだことが大きな要因とされる。13年度の市場規模予測は、12年度比1.2%減の2兆2800億円だが、全国各地のご当地キャラクターなどが新たに登場し、人気を集めているものの、市場全体は今後も低調に推移するとみているようだ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)