◎13日前場の主要ヘッドライン

・ナイガイが3日続落、第3四半期累計決算で営業損益段階からの赤字転落を嫌気
・リブセンスが反発、12月末株主に対する1対2株の株式分割を好感
・TASAKIが急反落、9年ぶり最終黒字も出尽くし売り
・石井表記が大幅反落、第3四半期の経常損益は1900万円の赤字
・三信建が反発、煮詰まり限界の様相に
・DOWAが続伸、業績増額含みで4ケタ台回復
・航空電子が4日ぶりに反発、11月コネクター受注前年比41%増を好感
・MCJが急騰、投資ファンド「レノ」の大規模買付に委員会が「勧告書」公表
・パスコが高い、超高精度の3次元都市空間モデルの開発に期待
・河西工が12連騰、異彩の上げ足で7年10カ月ぶりの700円台

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)