<後場の注目銘柄>=ミスミG、業績上振れ観測強まる

 ミスミグループ本社<9962.T>が年初来高値圏で強い動きを見せている。国内設備投資回復を受け、金型部品を中心に引き合いが増加。売上高は月を追って拡大しており、6月の前年同月比22.6%増から7月は26.3%%増、8月28.0%増、9月29.4%%増、10月には32.5%増まで伸び率が高まった。

 今14年3月期の第2四半期は連結売上高27.3%増、経常利益22.2%増と大幅増収増益を達成。通期の売上高は18.7%増の1600億円、経常利益3.6%の増175億円と期初予想を据え置いたが、大幅な上振れ観測が強まっている。6日現在の信用倍率は0.44倍と大幅な売り超過で、好需給も株価を押し上げていく。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)