川崎重工は後場切り返す、ベトナム製油所からリサイクルガス圧縮機を受注

 川崎重工業<7012.T>が後場切り返す。同社は12日、ニソン石油精製有限責任会社がベトナム北部のニソン経済区で推進しているニソン製油所・石油化学コンプレックスプロジェクト向けにリサイクルガス圧縮機2基を受注したと発表した。2015年2月の納入を目指す。
 このプロジェクトは出光興産<5019.T>、クウェート石油国際会社、ペトロベトナム社、三井化学<4183.T>が共同で設立したニソン石油精製有限責任会社が進めるもので、ベトナムで2基目となる製油所を含む、製油所・石油化学コンプレックスを新設することによって、モータリゼーションの進展から増加する同国の石油製品と輸出用の石油化学製品の需要を満たしていく。川崎重工は今後も石油・ガス開発に関連する機器の拡販に取り組み、エネルギー・環境ビジネスを積極的に展開していくとしている。

川崎重工の株価は13時40分現在422円(△2円)
 

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)