<チャートの視点>=日清オイリオ、安値圏で5・25日線のGCが出現

 日清オイリオグループ<2602.T>が安値圏で、5日移動平均線(12日時点:324円)と25日移動平均線(同:323円)のゴールデン・クロス(GC)が出現した。9月以降は下値を切り下げるかたちとなっていたが、11月8日に年初来安値(2月8日の312円)目前の316円で下げ止まり。その後320円近辺での値固めを経て、9日には上値を抑えていた25日線を上抜けた。目先は75日移動平均線(同:333円)を突破できるかどうかがポイントとなりそうだが、PBRが0.5倍近辺と割安感もあるだけに見直される可能性がありそうだ。
 なお、2014年3月期の連結業績見通しは、売上高が3400億円(前期比9.7%増)、営業利益が67億円(同58.5%増)、最終利益が27億円(同79.0%増)と増収増益予想。円安に伴う輸入原料の高騰が懸念されるが、会社側では高付加価値商品の拡販や適正な販売価格の形成に引き続き取り組むとしている。

日清オイリオの株価は14時9分現在328円(△3円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)