カナレ電気が後場に入って一時プラスに、海外子会社からの配当金で今12月利益予想を増額

 カナレ電気<5819.T>が後場に入って一時プラスに転じた。きょう午後2時に今13年12月期の単独業績予想を修正、売上高、営業利益は前回予想を据え置いたが、経常利益を4億7000万円から6億7000万円(前期比2.3%増)、純利益2億9500万円から4億9000万円(同13.4%増)へ増額。海外子会社から配当金約2億円を受領することで利益が計画を上振れる。ただ、連結業績への影響は軽微で、買い一巡後は再びマイナスに沈んだ。

カナレ電気の株価は14時20分現在1535円(▼7円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)