丸善CHIが小幅反落、第3四半期累計経常利益56%増の大幅増益も材料出尽くし感

 丸善CHIホールディングス<3159.T>が小幅反落。13日の取引終了後、第3四半期累計(2~10月)連結決算を発表しており、売上高1234億円(前期比6.2%減)、経常利益12億5100万円(同56.1%増)となり、経常利益は14年1月期通期予想の12億円を上回った。しかし、株価は好決算期待から11月中旬より上昇基調にあっただけに、材料出尽くし感から売られているようだ。店舗・ネット販売事業で店舗のスクラップ&ビルドと書籍販売サイト「ビーケーワン」の事業譲渡などを行ったことで減収となったが、不採算店舗の閉店による効果や図書館サポートの受託館数の増加などが牽引し大幅増益を確保した。
 なお、14年1月期通期業績予想は売上高1700億円(前期比1.3%減)、経常利益12億円(同6.1%増)の従来予想を据え置いている。

丸善CHIの株価は9時33分現在307円(▼2)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)