ユニプレスが反落、三菱UFJMS証が投資判断を引き下げ

 ユニプレス<5949.T>が反落している。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は13日付リポートで投資判断を「アウトパフォーム」から「ニュートラル」に引き下げ、目標株価も2600円から2000円に引き下げたことが観測されている。同リポートでは、昨年後半から北米で発生した生産混乱が想定以上に長期化しているほか、9月後半からのプレス機の故障も加わり、北米の営業損失は第2四半期の4億円から第3四半期は10億円まで拡大する見通し。同社では改善に向けて取り組んでいるが、北米の赤字縮小の確度を見極めるまでは株価の上値は重くならざるを得ないと指摘している。

ユニプレスの株価は9時54分現在1776円(▼47円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)