ウエスコは反落、第1四半期営業損益1億3100万円の赤字を嫌気

 ウエスコ<9648.T>が反落。株価は一時、前週末比19円安の236円まで売られている。同社は13日、14年7月期第1四半期(8~10月)連結決算を発表した。売上高は10億4100万円(前年同期比14.4%増)、営業損益は1億3100万円の赤字(前年同期は2億2000万円の赤字)、最終損益は1億1900万円の赤字(同2億6100万円の赤字)となった。
 市況の好転により、個人消費が持ち直したことで14年7月期第1四半期の売上総利益率は前年同期比9.5ポイント改善の33.8ポイントとなるなど改善し損益面で赤字幅縮小の要因となったが、今第1四半期での黒字転換を達成するに至らなかった。このため市場では嫌気の材料となっている。

ウエスコの株価は11時11分現在240円(▼15円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)