ASB機械が6日ぶり反落、キャピタル優遇税廃止を意識して利食い

 日精エー・エス・ビー機械<6284.T>は6日ぶり急反落となった。ここ急速に上値追い基調にあり、10月22日の年初来高値2300円クリアを指呼の間にとらえたものの、目先全般地合い悪化を背景に売りが優勢となった。同社など12月に入り急速に水準を切り上げてきた銘柄については、来年1月1日からのキャピタルゲイン優遇税制廃止に伴い、足もと利益確定が誘発されている。ただ、同社は世界屈指の実力を持つペットボトル向け射出成型機が、中国や台湾などアジア向けが好調で、来9月期も2ケタ営業増益が見込まれることから、売り一巡後は切り返す展開も想定される。

ASB機械の株価は11時30分現在2164円(▼86円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)