コーセルは小動き、いちよしはフェアバリューを1300円に引き上げ

 コーセル<6905.T>が小動き。いちよし経済研究所が13日付のリポートで投資判断「B」を継続、フェアバリューを従来の1200円から1300円に引き上げた。
 リポートでは「14年5月期上期実績は売上高104億1900万円(前年同期比16.8%増)、営業利益19億1500万円(同45.4%増)となり、会社側従前予想(売上高96億7000万円、営業利益15億4000万円)を上回った。制御機器、半導体製造装置、通信機器向けなどを中心に受注が上向いている。会社側は今14年5月期通期予想について据え置いているが、受注が堅調に推移している(前年同月比での伸び率は13年9月20%増、10月14%増、11月30%増)ことから当証券では保守的と考える。このため、通期業績予想について、営業利益を従来の36億円から41億円(前期比68.4%増)上方修正した」としている。

コーセルの株価は13時3分現在1192円(▼12円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)