エイジアが3日続落、自動通知メールを販売促進に活用できるサービス開始と発表

 エイジア<2352.T>が3日続落。後場に入り下げ幅を縮小する場面もあったが軟地合いに再び押されている。前引け後にECサイトの商品購入通知メールなどWebサイト上でのユーザーのアクションに応じて送信される自動通知メールを販売促進に活用できる新サービス「WEBCAS marketing receipt(ウェブキャス・マーケティングレシート)」の提供を12月24日に開始すると発表したことを材料視。同サービスは自動通知メール内にユーザーごとのおすすめ商品情報を差し込めるなど新たな手法でクロスセルを実現することができるサービスという。

エイジアの株価は13時10分現在1270円(▼90円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)