<チャートの視点>=アリアケ、5・25日線のGCで調整一巡感が台頭

 アリアケジャパン<2815.T>は13日に、5日移動平均線(13日時点:2471円)と25日移動平均線(同:2467円)のゴールデン・クロス(GC)が実現。11月25日に年初来高値2589円をつけたあと12月6日安値2401円まで調整していたが、ここにきて調整一巡感が台頭しつつある。週足では13週、26週、52週が依然として右肩上がりを続けており、上昇トレンドは継続しているといえそう。足もとでは出来高も増えつつあり、高値奪還に向けて動き出す可能性が出てきている。
 なお、同社の2014年3月期通期の連結業績見通しは、売上高が376億5700万円(前期比12.1%増)、営業利益が62億4100万円(同14.0%増)、最終利益は43億3600万円(同14.5%増)と増収増益が予想されている。
 また、同社は3日に、子会社を通じてオランダの食肉加工会社であるヘニングセンの100%株式を取得した発表。会社側では、欧州事業の飛躍に貢献し、黒字化を促進させるものとして期待を寄せている。

アリアケの株価は13時30分現在2491円(△10円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)