T&Gニーズが切り返し歩調、業績増額含みで押し目買い

 テイクアンドギヴ・ニーズ<4331.T>が後場切り返し歩調。株価は前週末まで4日続落と調整モードにあったが、目先売り一巡感から押し目買いが入り始めた。一軒家を貸し切りにして、挙式・結婚披露宴を行うハウスウエディングの草分けで、海外挙式でも実績は豊富だ。高額消費回復の追い風に乗り顧客単価は上昇傾向にあり、昨年末に買収した子会社寄与で挙式数も増勢にある。14年3月期経常利益33億円は前期比34%増益の好変化率だが、さらに「10%前後の上乗せが視野に入る」(証券系調査機関)。中国では富裕層向け挙式需要を取り込み、今後の収益成長の足場となりそうだ。市場では「15年3月期も2割~3割の増益が見込まれる」(同)との見方。直近、みずほ信託銀行などが同社株の保有株比率を2ケタ台まで伸ばしており、信託経由で機関投資家筋が買い溜める動きも需給面で思惑を呼ぶ。

T&Gニーズの株価は13時41分現在2200円(△24円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)