アコーディアが反発、ボゥヴェールカントリー倶楽部の収益貢献期待など見直す

 アコーディア・ゴルフ<2131.T>が反発。11月27日に民事再生計画が東京地裁より認可された岐阜関スポーツランドの子会社化を10日に発表しており、岐阜関スポーツランドが運営する「ボゥヴェールカントリー倶楽部(岐阜県関市、18ホール)」の存在が改めて注目されている。景況感の回復でゴルフ需要も増加しており、M&Aによる新規ゴルフ場取得効果も期待される。加えて先に急騰したMCJ<6670.T>同様にレノが大株主に名を連ねていることも再度関心を高める要因となっているようだ。

アコーディアの株価は14時42分現在1255円(△35円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)