年末相場は、日経平均の大きな上昇は期待できず

今週の焦点は17~18日のFOMCの結果
先週の予測では、週初めはリバウンドを意識するものの、週末13日(金)のメジャーSQを控え先物主導で波乱の展開が想定されるとしました。
週明け9日(月)は、前週末のアメリカの雇用統計の改善を受けてのアメリカ株の上昇を好感し、△350の15650円の高値引けとなりました。しかし、その後は大幅上昇の反動安や利益確定売りが広がり、17~18日のFOMCでQE3の縮小思惑からアメリカ株式が軟調となると、メジャーSQに絡んで先物主導の売りとなり3日連続安となって、12日(木)は15255円まで下げて▼173の15341円となりました。週末13日(金)は、アメリカで10年債利回りが2.88%へ上昇したことで日米金利差からドルが買われ、前場に15251円の安値をつけた後は先物主導で急反発となり△191の15532円までありましたが、下げ幅を縮小し△61の15403円で引けました。
今週は、17~18日のFOMCの結果をみるまでは積極的な売買は手控えられ、又、為替が円安基調となっても今月は年末の換金や優遇税制期限切れ前の売りも残っており、上値は重い展開となりそうです。又、メジャーSQを終えて外国人はクリスマス休暇に入るため日本市場への資金流入が減少することになり、主力株以外の中小型株や材料株が買われることになりそうです。チャートでは、12月3日の15794円が戻り高値となって5月23日の15942円を超えることができず、柴田罫線では12月4日に15407円で売転換となって12月6日に15112円まで下げて反発するものの、12月9日の15650円が高値となって上値を切り下げる形となっています。
週明け16日(月)は、先週末のドル/円が思惑からの急上昇となって年初来高値を更新したものの、その反動でドル売り・円高となり、「円高・先物売り」とこれまでの逆の形となって先物主導で下げ幅を拡大し、25日移動平均線(本日前場15333円)をアッサリ割って▼250の15152円となりました。目先は、25日移動平均線が上値抵抗ラインとして作用することになり、FOMCの結果の後も上値は重い展開となって個別株物色となる可能性があります。