トヨタ、富士重などに買い優勢、1ドル=103円台絡みの円安

 トヨタ自動車<7203.T>や富士重工業<7270.T>など自動車株が買い優勢でスタートした。外国為替市場で1ドル=103円台に入るなどドルが買い戻されており、これに伴い輸出採算の改善期待が買いを誘っている。トヨタ、富士重ともに14年3月期通期の対ドル想定為替レートが1ドル=97円で為替感応度も高く、実勢との比較で利益増額要因となる。目先調整を入れていただけにリバウンド狙いの買いが入りやすい。

トヨタの株価は9時3分現在6130円(△70円)
富士重の株価は9時3分現在2798円(△22円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)