M&AやGCAなどが堅調、日本企業が東南アジアでM&A加速との報道が刺激に

 日本M&Aセンター<2127.T>やGCAサヴィアン<2174.T>、M&Aキャピタルパートナーズ<6080.T>などM&A関連銘柄が軒並み堅調となっている。きょう付の日本経済新聞で、「日本企業が東南アジア諸国連合(ASEAN)地域で成長投資を加速している」と報じられたことが刺激材料となっているもよう。記事によると、2013年の日本企業による同地域のM&Aは金額・件数ともに最高を記録しており、子会社設立などを含めた日本からの直接投資額も9月までの合計が昨年1年間を既に上回るという。M&A市場の活性化は上場しているM&A関連企業にも追い風になるとの見方が強く、関連銘柄として物色人気が高まっているようだ。

M&Aの株価は11時30分現在6400円(△150円)
GCAの株価は11時30分現在924円(△5円)
M&Aキャピの株価は11時30分現在4985円(△90円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)