ヤフーとソフトバンテクが堅調、埼玉県でのバス運行状況システムに注目

 ヤフー<4689.T>とソフトバンク・テクノロジー<4726.T>がともに堅調な動き。両社は16日に埼玉県やソフトバンクテレコム、IDCフロンティアと協働でバスの運行状況がリアルタイムですぐに分かる埼玉県バス運行状況システム「バスcoi(こい)」を開発したことを発表、注目を集めている。「バスcoi」はバスの現在位置や到着予定時刻等の情報を、スマートフォンやPC、タブレット端末で、いつでも、どこでも、誰でも、手軽に確認できるサービスを提供するシステム。20日から、「バスcoi」の社会実験を埼玉県上尾市と埼玉県神川町で始める方針で、バスの利便性向上の観点から本格実用化に期待が高まっている。

ヤフーの株価は11時30分現在560円(△13円)
ソフトバンテクの株価は11時30分現在1654円(△3円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)