加藤製が値上がり上位に買われる、東南アジアでもクレーン販売好調

 加藤製作所<6390.T>が急反発。東証1部の値上がり率上位に買われている。建設用クレーンではトップクラスのシェアを誇るが、高採算の大型クレーンが消費増税前の駆け込み需要や復興需要、公共投資拡大政策などを背景に伸びている。14年3月期の連結純利益は前期比8割増となる30億円を見込み、これは従来予想の22億円から大幅な上方修正となっている。売上高の3割弱を海外で稼いでおり、最近の円高修正の動きもプラス材料。東南アジア地域の旺盛なインフラ需要を取り込んで、クレーンの売り上げを伸ばしている。高収益体質が自慢でPER12倍台と割安感が強い。

加藤製の株価は14時34分現在634円(△39円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)