アスクルが反発、上期は大幅減益も先行投資負担

 アスクル<2678.T>が5日ぶり反発。同社前週末13日に発表した13年6~11月期決算は、最終利益が前年同期比7割減となる5億5800万円で、週明け16日はこれを嫌気する売りに急激な下げを余儀なくされたが、早くも押し目買いが入り始めている。今期は個人向け通販サイト「LOHACO」の広告宣伝費がかさみ利益を押し下げたが、これは先行投資というとらえ方が可能だ。事務用品など法人向け通販は好調を維持しており、「LOHACO」が回収期を迎える来期は大幅増収増益が見込まれるだけに、押し目に対する買いニーズも顕在化している。

アスクルの株価は14時56分現在3090円(△40円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)