大戸屋HDが14年3月期最終利益予想を下方修正、合弁解消に伴う特損発生で

 大戸屋ホールディングス<2705.T>がこの日の取引終了後、14年3月期の連結業績見通しを、売上高229億4000万円(前期比12.5%増)、営業利益6億8000万円(同38.5%増)はそのままに、純利益予想のみ2億7000万円から1億9000万円(同26.1%減)に下方修正した。中国・上海の合弁会社を完全子会社化したのに伴い、1店舗を閉店するなどしたことで、合弁解消に伴う特別損失約1億円を計上することが要因としている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)