アドバンテが反落、第3四半期の受注下振れと報じられる

 アドバンテスト<6857.T>が反落。きょう付の日本経済新聞で、第3四半期(10~12月)の受注高が300億円(7~9月期は214億円)を下回る可能性が出てきたと報じられたことを嫌気した売りが出ている。記事によると、業績予想の前提は330億円程度とみられ、これに届かないという。スマートフォンの演算処理などに使う、ロジック半導体向け検査装置の需要が想定を下回っているとしており、DRAM向け装置は堅調だが補えないと伝えている。

アドバンテの株価は9時4分現在1230円(▼11円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)