オンコリスバイオが急反発、欧州14カ国でのテロメライシン登録手続き開始を好感

 オンコリスバイオファーマ<4588.T>が急反発、一時前日比242円高の2892円まで買われている。同社は17日大引け後に、開発を進めているOBP―301(テロメライシン)に関する物質特許が欧州で特許査定を受けたことをに基づき、欧州14カ国で登録手続を行なうことを発表、これを好感している。テロメライシンは制限増殖型の腫瘍溶解ウイルス。テロメラーゼ活性が上昇している癌細胞の中では特異的に増殖し癌細胞を溶解するが、正常細胞に中での増殖力は弱く細胞毒性を示さないことが特徴。テロメライシンの持つ癌特異性を発揮することで全身性の副作用が大幅に軽減されることから、早期の商業化が期待される。

オンコリスバイオの株価は9時43分現在2819円(△169円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)