住友化が続伸、ポリエチレンなど樹脂価格の値上げを発表

 住友化学<4005.T>が続伸。一時、前日比10円高の428円をつけ、12月10日につけた年初来高値430円に迫る場面があった。同社は17日に、2014年1月1日出荷分からポリエチレン樹脂およびポリプロピレン樹脂の価格を、それぞれ1キロあたり16円以上値上げすると発表した。ナフサ市況の高騰や円安の進行などを受けた措置で、採算改善が期待されている。
 また、シティグループ証券が16日付のリポートで同社の投資判断を「買い」、目標株価を490円としたことも株価の刺激材料となっているもよう。シティ証ではサウジ・アラムコと37.5%ずつ出資しているペトロ・ラービグの事業強化で合意したことについて、ペトロ・ラービグがこれを機に安定的な収益体質を構築できるのであれば望ましいとしている。

住友化の株価は10時49分現在423円(△5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)