三菱ケミHDが高い、ポリエステル繊維原料の韓国生産を半減と報じられ採算改善に期待

 三菱ケミカルホールディングス<4188.T>が高い。きょう付の日刊工業新聞で、同社傘下の三菱化学が、韓国でポリエステル繊維原料となる高純度テレフタル酸(PTA)の年産能力を半減する検討を始めたと報じられたことを好材料視。記事によると、採算が確保できる韓国向け需要に応じた生産体制に見直すことで、採算割れが続くPTA事業の収益改善につなげるとしていることから、基礎化学部門の赤字縮小への期待が高まっているようだ。

三菱ケミHDの株価は12時43分現在479円(△14円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)